飾り ロートアイアン(鍛鉄)について 飾り

  「石積みの家と庭」がおすすめするロートアイアン(鍛鉄)とは

炉に入れた鉄を、白っぽく光るぐらいまで高温に熱し、ハンマーで叩いたり、曲げたり、延ばしたりしながら、いろいろな形に成形していく技法を「鍛造(たんぞう)」といいます。こうして出来たものを、鍛えた鉄と書いて「鍛鉄(たんてつ」と呼び、「ロートアイアン(WROUGHT IRON)」とは、英語でいう、この「鍛鉄」にあたります。

カエルこの工程を経て作り出される鍛鉄には、力強さとしなやかさが加わり、繊細で意匠的なものも強度を持って表現することが可能になります。金属を型に流して造形する一般的な鋳造とは、大きく違う鍛鉄の魅力です。また、型を使用する鋳造は大量生産が可能ですが、鍛鉄は同じものは二つと出来ません。

ロートアイアン(鍛鉄)は一つ一つ、人の手によって造形されます。その「質感」と「味わい」は、年月を経ると共に持ち味を増していきます。石もそうですが、冷たいもののようなイメージがある鉄に、温もりを感じます。

「石積みの家と庭/SHOP」は、鉄の工芸家さんと組んで、このロートアイアイン製品を受注販売しています。手仕事の味わいを実感していただけたら幸いです。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。