一棟貸しの民泊 石積みの家 離れ民泊

ヒストリー

信州に移り住んだ庭師が理想の田舎暮らしの風景を実現しようと竹やぶだった土地を開墾し、そこから出てきた石を積み上げ、5年かかって石積みの家を造りました。庭師はさらに5年後、丸い小さな石積みの小屋を完成させました。その間、更地になった土地に植えた木々は大きくなり、四季を彩る庭が育っていきました。丸い小屋が出来てから5年後、庭師はまた3つめの石積みの建物に取りかかりました。それから10年余りたって完成したのが「石積みの離れ」です。

施設案内

石積みの家と離れについて

離れはこの土地から出てきた石を一つ一つ加工し積み上げた、壁厚45センチの石壁と漆喰壁と草屋根で出来た小さいながら存在感のある建物です。母屋、石積みの家が出来たときから新聞やテレビ、雑誌等のメディアにもいろいろとご紹介いただき、日本ではその珍しさから今まで全国から多くの方々が見学に訪れてくださいました。自然素材の中でも自然石の家の味わいは、おそらくいつもの感覚とは全く異質のものかと思います。石の持つ重量感は落ち着いた空間を提供してくれ、光りに照らされて浮かび上がる表情は見ていて飽きることがありません。

庭師である主(あるじ)が長年手を入れてきた緑溢れる庭は、小鳥が巣作りのため運んできた苔が地面に落ちて広がり、成長した木は山あいを吹く風に大きく揺れます。石積みの家と草屋根の景色の中に居ると何処かへ迷い込んだように感じるかもしれません。

ある時から、離れが完成したらそこをもっと多くの人が楽しめる場所にできないかと思い始めました。ただそこにいて立ち会う、自然の四季の演出は格別の贈り物です。木漏れ日のゆらぎやきらめき、空を音をたてて舞う色鮮やかな落ち葉、雪の白さと空の青さ、指揮者がいるように一斉に芽吹く木々・・・石積みの家に流れる時間を体験してみませんか。離れ、一棟まるごとお貸しします。

石積みの家の四季・紅葉

施設案内Ⅱ

石積みの家、水回り設備

石積みの離れは自然石で出来た小さなコテージで、1日1組限定の貸切の民泊です。最大定員は4名です。ロフトのある(天井は低いですが草屋根と壁の断熱で気温差は少ないです)リビングと、フローリングのお部屋があります。ロフトにはシングル布団を2組敷くことが出来、フローリングのお部屋はシングル布団が1組ならゆったり、2組だと一杯一杯ぐらいの広さです。またそこ以外は土間仕様になります。食事はついておりません。自炊できるキッチンがあり、地元の陶芸家の方が提供してくれた食器等もお使いいただけます。その他、トイレと、シャワーの付いた洗面所があります。リビングには薪ストーブがあります。また建物内、鉄の工芸作家さんの作品もディスプレイしておりギャラリーのような味わいもあります。

利用案内

    

石積みの家ロゴ文字

石積みの家

ご予約・お問い合わせ

       

●ご予約のお申込みは、【予約をリクエスト】フォームからお願いいたします。

※【重要】現在、防災、通信等の設備増強のためご予約の受付を一時休止しております。再開の際はまたどうぞよろしくお願いいたします。

               

予約フォームへのリンク

               

●その他のお問合わせは、【お問い合わせ】フォームからお願いいたします。

               

問い合わせフォームへのリンク

   

●お急ぎの場合はお電話でも承わります。

   

電話番号

               

Information

               

[石積みの家と緑の庭の離れ ブログ] 日々の日常はこちらから 

                

石積みの離れのブログ

[石積みの家のSHOP ロートアイアンの販売]

石積みの家のSHOPサイト

                              

FB twitter Lineで送る